1/1

This is not a photo to show with 2 facing spreads but a book to show one photo.
What is the experience of seeing a single photo?
Human vision is wide, even if you are trying to see a piece, you are watching that one,
including those around you.
I tried not to be conscious of the existence of surroundings as much as possible and to face one photo.
As a result, this book turns the page toward the upper left.
Without changing the position of the head and the position of the line of sight, it is possible to turn over to the end even if you are focusing and seeing the photo.
Regarding editing books, I do not think about arranging something in order, so the order is 1000 parts in all.
I think that photographs are barely copies in front of the eyes, so when I made a book I should have bundled the photos.
An elaborate copy of what I and you ought to be aware of is somewhere close to what you actually see.
I think that it is a photograph.

本の構成を考える中で写真を見る順番やページの構成から生まれるストーリ性をなるべく作家の意図の範疇を超えていくとは、イメージの束の中のただの一枚であるという意識を強めるための本とはどのようなものだろう。
今回、一冊一冊写真のすべての順番を変えることを選択しました(どれ一つ同じ写真の構成をしないというルールになり、全てが表紙を覗いて違う本になるとうこと)。
これはつまり一冊ごとの写真の構成がバラバラになり、各冊それぞれが、見る側に違う印象を付与する可能性が生まれる のではないか、と考えました。
通常の写真集のようにデザインによって誘導される感触や、作家の見いだす意図をなるべく放棄する事で生まれ、可視化される可能性に賭けてみたのです。
この本のために選ばれた写真が、見る側に届く際に制作側の意図をはるかに超えるかもしれないと考えたからです。
一枚の写真の中に押し込められたイメージが作家の提示したいことのすべててあり、結果、目の前に積み上げられたイメージの束にすぎないということを、本という構造を使って見出だすこと自体が、作家伊丹豪の写真を写す態度と共鳴してると私たちは考えました。
丹念に一枚一枚見るという行為を単純にした結果出来上がった束が、 'photocopy'という写真集です。

go itami /photocopy
8,200 yen(tax-out)
number of pages: 136
number of pictures:68
type of printing: offset
format: hardcover
size: 265x 370 mm
edition : 1000
design: shin akiyama + atushi kurosaki
/edition.nord

 

※ cover band is 5 colors expansion / 1000 editions each the
arrangement of photos is a different specification. (the contents of
the picture are all the same)
※ This book will be specially designed to open vertically.

※カバー帯は5色展開/1000 部写真の並びが構成が異なる仕様です。
( 写真の内容はすべて同じになります)
※この写真集は縦に開いてみる仕様になります。

buy here